So-net無料ブログ作成

枝野氏、経団連に就任あいさつ(時事通信)

 民主党の枝野幸男幹事長は8日、細野豪志幹事長代理とともに東京・大手町の日本経団連を訪れ、米倉弘昌会長らに就任あいさつをした。7日に幹事長に就いて以降、枝野氏が業界団体にあいさつしたのは経団連が初めて。参院選を控え、これまで距離を置いてきた経団連との関係構築に向けた足掛かりにする狙いがあるとみられる。
 枝野氏は「官民一体となった海外への売り込みなど、経団連の皆さんと共同歩調を取れるところが非常に大きい」と述べ、菅政権との連携を要請。米倉氏は「そういうことについては協力していきたい」と応じた。 

【関連ニュース】
「子育て基金」に反対=経団連・日商
消費増税、各党が参院選公約に=経団連会長
「信頼回復」強く求める=成長戦略・財政再建に期待
信頼される新体制確立を=経済運営「猶予は許されない」
「二番底」回避へ国際協調を=中国首相

<フリーズドライ>水浸しの資料修復に効果 凍らせ真空状態にし乾燥(毎日新聞)
長妻氏 子ども手当「満額支給非常に難しい」(産経新聞)
人事制度のないあの会社は、今どうなっているか(Business Media 誠)
南アW杯 いざ初戦!日本サポーターも集結(毎日新聞)
<はやぶさ>「カプセル分離」に拍手…JAXA管制室(毎日新聞)

名画のウラに…「怖い絵ツアー」人気 徳島・大塚国際美術館(産経新聞)

 世界の名画が陶板画で原寸再現されている「大塚国際美術館」(徳島県鳴門市)で、名画に潜むさまざまな“怖さ”を紹介する「怖い絵ツアー」が人気を集めている。昨年11月の開始以来、すでに700人以上が参加する名ツアーになっている。

 30日午後には、「恐怖」という切り口で絵を読み解く美術エッセー「怖い絵」シリーズを執筆し、同館にもたびたび訪れている早稲田大講師の中野京子さんの講演会も開催される。

 ツアーは、中野さんのエッセーが話題を呼び、その中で取り上げられた名画が同館に多く展示されていることから企画された。学芸員4人が館内の10作品に潜む「恐怖」を約1時間かけて解説する。

 ボッティチェッリ「ヴィーナスの誕生」は美の女神生誕を描いた絵画だが、「息子による父親殺しという血塗られた背景がある」とされる。浅井智誉子・学芸部課長(42)は「絵そのものの見た目の怖さだけでなく、美しく穏やかな印象にもかかわらず、背景に『ゾッ』とするような怖い事実が隠されている作品も多い」と話す。

 ツアーの実施日は週末が中心で、午前11時半スタート。定員20人で事前予約制。問い合わせは同館((電)088・687・3737)。

【関連記事】
大島氏、両親の墓前で「怖い顔で申し訳ありません」
説得役の顔が怖すぎた?“美人すぎる”市議、出馬断念のウラ
サンプラザ中野くん、エリカ騒動に「女は怖いですね〜」
中国製食品「とにかく怖い」 不安と鬱憤、一気に噴出
【今、何が問題なのか】NY地下鉄はやっぱり怖い?
iPadが上陸

貧困ビジネスで詐欺 大阪の自称NPO代表ら逮捕(産経新聞)
<口蹄疫>家畜の埋却用地を宮崎県農業振興公社が買い取り(毎日新聞)
積雪落下防げる?庇なし薄型LED信号機(読売新聞)
閣内バラバラ、今度は平野氏が北沢氏を批判「不規則発言だ」(産経新聞)
雑記帳 カバの歯磨き 円山動物園(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。