So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

枝野氏、経団連に就任あいさつ(時事通信)

 民主党の枝野幸男幹事長は8日、細野豪志幹事長代理とともに東京・大手町の日本経団連を訪れ、米倉弘昌会長らに就任あいさつをした。7日に幹事長に就いて以降、枝野氏が業界団体にあいさつしたのは経団連が初めて。参院選を控え、これまで距離を置いてきた経団連との関係構築に向けた足掛かりにする狙いがあるとみられる。
 枝野氏は「官民一体となった海外への売り込みなど、経団連の皆さんと共同歩調を取れるところが非常に大きい」と述べ、菅政権との連携を要請。米倉氏は「そういうことについては協力していきたい」と応じた。 

【関連ニュース
「子育て基金」に反対=経団連・日商
消費増税、各党が参院選公約に=経団連会長
「信頼回復」強く求める=成長戦略・財政再建に期待
信頼される新体制確立を=経済運営「猶予は許されない」
「二番底」回避へ国際協調を=中国首相

<フリーズドライ>水浸しの資料修復に効果 凍らせ真空状態にし乾燥(毎日新聞)
長妻氏 子ども手当「満額支給非常に難しい」(産経新聞)
人事制度のないあの会社は、今どうなっているか(Business Media 誠)
南アW杯 いざ初戦!日本サポーターも集結(毎日新聞)
<はやぶさ>「カプセル分離」に拍手…JAXA管制室(毎日新聞)

名画のウラに…「怖い絵ツアー」人気 徳島・大塚国際美術館(産経新聞)

 世界の名画が陶板画で原寸再現されている「大塚国際美術館」(徳島県鳴門市)で、名画に潜むさまざまな“怖さ”を紹介する「怖い絵ツアー」が人気を集めている。昨年11月の開始以来、すでに700人以上が参加する名ツアーになっている。

 30日午後には、「恐怖」という切り口で絵を読み解く美術エッセー「怖い絵」シリーズを執筆し、同館にもたびたび訪れている早稲田大講師の中野京子さんの講演会も開催される。

 ツアーは、中野さんのエッセーが話題を呼び、その中で取り上げられた名画が同館に多く展示されていることから企画された。学芸員4人が館内の10作品に潜む「恐怖」を約1時間かけて解説する。

 ボッティチェッリ「ヴィーナスの誕生」は美の女神生誕を描いた絵画だが、「息子による父親殺しという血塗られた背景がある」とされる。浅井智誉子・学芸部課長(42)は「絵そのものの見た目の怖さだけでなく、美しく穏やかな印象にもかかわらず、背景に『ゾッ』とするような怖い事実が隠されている作品も多い」と話す。

 ツアーの実施日は週末が中心で、午前11時半スタート。定員20人で事前予約制。問い合わせは同館((電)088・687・3737)。

【関連記事】
大島氏、両親の墓前で「怖い顔で申し訳ありません」
説得役の顔が怖すぎた?“美人すぎる”市議、出馬断念のウラ
サンプラザ中野くん、エリカ騒動に「女は怖いですね〜」
中国製食品「とにかく怖い」 不安と鬱憤、一気に噴出
【今、何が問題なのか】NY地下鉄はやっぱり怖い?
iPadが上陸

貧困ビジネスで詐欺 大阪の自称NPO代表ら逮捕(産経新聞)
<口蹄疫>家畜の埋却用地を宮崎県農業振興公社が買い取り(毎日新聞)
積雪落下防げる?庇なし薄型LED信号機(読売新聞)
閣内バラバラ、今度は平野氏が北沢氏を批判「不規則発言だ」(産経新聞)
雑記帳 カバの歯磨き 円山動物園(毎日新聞)

<セクハラ>愛知県吉良町の副町長 指摘受け退職願を提出(毎日新聞)

 愛知県吉良町の鈴木誠副町長(62)が20代の女性職員から「副町長にセクハラ行為を受けた」と指摘され、退職願を提出していることが22日分かった。31日付で退職する予定。

 女性職員が17日「セクハラをされて困っている。何とかしてほしい」と上司に相談し、発覚した。山本一義町長によると、4月中旬以降、鈴木副町長は執務時間中に副町長室で、女性職員にキスを6回強要したり、太ももや腕、顔を触ったという。鈴木副町長は行為を認めたうえで「セクハラではない」と釈明しているという。山本町長に対して「大変迷惑をかけた」と陳謝し、20日に退職願を提出した。

 山本町長は「役職をわきまえない行為で許せない。町民に心からおわびしたい」と話している。

 鈴木副町長は町職員として総務部長や収入役などを歴任し、03年6月に助役、07年4月から副町長を務めている。【中村宰和】

【関連ニュース
宗教法人性的暴行:被害者が証人出廷 精神的に抵抗にできずと証言−−公判 /茨城
訴訟:上司のセクハラ認定 会社員自殺、因果関係は退ける−−地裁判決 /三重
訴訟:上司のセクハラ認定 地裁判決 賢島宝生苑総務部の話 /三重
セクハラ:「受けた」 可児市教委の女性臨時職員、民生委員解嘱請求 /岐阜
仙台市教委:学校教職員、09年度懲戒処分10件 セクハラなど概要公表 /宮城

小林氏陣営、会計担当者の初公判=起訴内容認める見通し―北教組の違法献金事件(時事通信)
ヤギにも感染の疑い=口蹄疫(時事通信)
評価定まらぬ「現代史」 国立博物館はどう展示しているか?(産経新聞)
飲酒検問 警官大けが 車が急発進、容疑で男逮捕 大阪(産経新聞)
口蹄疫殺処分 畜産農家の悲痛な叫び 「この1カ月生き地獄」(産経新聞)

<掘り出しニュース>愛知・豊橋市に外国人初の正規職員、日系3世・仲宗根さん「早く一人前に」(毎日新聞)

 【愛知】豊橋市で4月から、日系ブラジル3世の仲宗根ギリェールメ寛実さん(24)=静岡県湖西市=が豊橋市では外国人初の一般職の正規職員として働き始めた。言葉の壁や日本とブラジルの教育制度の違いで進路に悩んだ時期もあったが、「早く一人前になって、多文化共生にも取り組みたい」と張り切っている。【秋山信一】

 仲宗根さんは中学卒業後の00年、日本に出稼ぎに来ていた両親を頼って来日。ブラジル学校の高等部を卒業したが、日本語は日常会話程度だった。しかも当時のブラジルの義務教育は8年で、9年の義務教育履修を求める日本の大学受験も制度上不可能だった。だがアルバイトでためた金や親の援助でカナダに5カ月間留学。帰国後は愛知大学(豊橋市)の講座で日本語を学び、留学生として同大学に入学し、今年3月に卒業した。

 大学時代、ボランティアで在日ブラジル人の小中学生に日本語を教えた経験から「人の役に立ちたい」と市職員採用に応募して合格した。4月からは市教育委員会の学校教育課に配属され、低所得世帯への就学援助や市立学校への転入のデータ管理などを担当する。研修や仕事の説明も同期の日本人と同じ扱いで「日本に来て、こんなに外国人扱いされないのは初めて。大変だけど同じように見てくれるのはうれしい」と話す。

 職場で驚いたのが毎朝のラジオ体操。テレビで見たことはあったが、やったのは初めてだった。当初は上司を「さん」付けで呼んだが、同僚の助言で肩書で呼ぶことも覚えた。

 仲宗根さんを指導する同課の坂部吉宣課長補佐は「笑顔で市民と接している姿が素晴らしい」と評価。「外国人関連の仕事に特化すると、彼の可能性を狭めてしまう。長い人生で一般職としてやっていける態勢を作ってあげたい」と期待する。

 仲宗根さんは「初の外国人職員という重圧はあるけれど、まずは仕事を覚えて、自分の特性を生かせる仕事をしていきたい」と話している。

 ◇管理職登用には壁

 96年に当時の白川勝彦自治相が、外国人職員の採用について地方自治体の判断に委ねるという談話を出し、採用する自治体が増えた。だが管理職への道はほぼ閉ざされており、日本人と同等の待遇は受けられていないのが現状だ。

 総務省によると、外国人の公務員採用を否定する法律はない。人事院規則に基づき、国家公務員の採用試験は受けられないが、地方公務員については自治体の判断に任されている。東海3県では岐阜県が一般行政職に国籍要件を設けているが、三重県や名古屋市では採用実績がある。愛知県には要件はないが、採用例はない。

 ただ政府は、内閣法制局が53年に示した「公権力の行使や公の意思の形成に参画する公務員となるには日本国籍が必要」との見解を踏襲しており、管理職への登用例はまれだ。警察官や消防士などへの採用を制限する自治体も多い。

 豊橋市は99年に国籍要件を廃止し、「永住権取得」を条件に外国人の採用を認めた。政府見解に基づき、専決権のある課長級以上にはなれず、公権力を行使する納税や契約関係部署にも配属しないと要綱で定めている。

首相が沖縄入り、知事と会談へ=普天間移設案を説明(時事通信)
小沢氏辞任論にはくみしない、総務相が強調(読売新聞)
<地震>東京で震度3=午後1時33分(毎日新聞)
「5月末決着」に先送り論、平野更迭論…参院選に向けた思惑も 首相自ら退路絶つ(産経新聞)
訃報 北林谷栄さん98歳=「日本一のおばあちゃん役者」(毎日新聞)

野生種との間で初のふ化=放鳥コウノトリ−兵庫・豊岡(時事通信)

 兵庫県豊岡市の研究機関「県立コウノトリの郷公園」は19日までに、放鳥した雄と野生の雌のペアの卵から、ひな1羽が誕生したと発表した。同公園が今年確認したふ化は6羽目。これまで5羽は放鳥同士のペアだった。野生種との交配でふ化したケースは初めてという。 

【関連ニュース
〔地球の風景〕人工くちばしとご対面

本屋大賞 冲方丁さん「天地明察」に(毎日新聞)
<シカに洋弓矢>「食パンでおびき寄せた」稲垣容疑者(毎日新聞)
インクレチンとSU薬の適正使用で勧告―日糖協(医療介護CBニュース)
第1類の取扱品目数、増やした薬局が32%(医療介護CBニュース)
電線カルテル疑惑、十数社立ち入り…公取委(読売新聞)

<山崎直子宇宙飛行士>コンテナ移設で若田さん「仕事満点」(毎日新聞)

 【ジョンソン宇宙センター(米テキサス州)奥野敦史】「仕事は満点。だから美しい地球を見て宇宙を楽しむことも考えて」。国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の山崎直子宇宙飛行士(39)に、先輩宇宙飛行士の若田光一さん(46)がエールを送った。

【写真特集】山崎さんのプロフィールや写真、日本の宇宙飛行士の写真を掲載

 山崎さんは米中部時間7日夜(日本時間8日午前)、スペースシャトルで運んだ大型コンテナ「レオナルド」を、ISSにある尺取り虫のような腕「ロボットアーム」を使って移設する作業に取り組み、無事成功させた。

 若田さんは米航空宇宙局(NASA)でロボットアーム操作の教官も務めるスペシャリスト。作業の様子をヒューストン市内の自宅のテレビで見た若田さんは8日朝(同8日夜)、ジョンソン宇宙センターで会見し、「移設は今回の飛行で最も重要な仕事。(コンテナを)ISSに接触させると重大な事故になりうるが、常に気を付けてしっかり作業していた。(初飛行の)ルーキーとは思えない活躍」と最大級の評価をした。一方で「この後は少しリラックスして、地球の姿を目に焼き付けることもしてほしい」ともアドバイスした。

【関連ニュース
【写真特集】宇宙飛行士・山崎直子さんの軌跡
山崎直子飛行士:巨大コンテナ取り付け作業開始
山崎直子飛行士:ISSが日本海上空を通過
山崎宇宙飛行士:ISSで野口宇宙飛行士と対面
山崎直子飛行士:野口飛行士との画像 「きぼう」で撮影

<ライター>火災対策会議招集へ 火遊び原因相次ぎ(毎日新聞)
JR不採用 国労、解決案受け入れへ 12日に正式合意(産経新聞)
元朝青龍の主治医、1億円所得隠し(産経新聞)
弁護側請求の精神鑑定留保=ペルー人被告の差し戻し審開始−小1女児殺害・広島高裁(時事通信)
<小澤征爾さん>8月の長野・松本公演も降板(毎日新聞)

<覚せい剤>パトカー車内に3年近く放置 被告が隠す(毎日新聞)

 奈良県警橿原署のパトカー車内から昨年10月に覚せい剤が見つかり、同県橿原市の無職の男性被告(39)が07年に車内に隠したまま、約2年8カ月も車内に放置されていたことが、県警への取材で分かった。

 県警によると、覚せい剤は昨年10月上旬、小袋に入った状態でパトカーのドアポケットから見つかった。過去にパトカーに乗せた被告が浮上し、任意で調べたところ、07年に窃盗容疑で逮捕した際に隠したことを認めた。被告は別の覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕、起訴されており、パトカーの同法違反容疑では今年1月に書類送検したが不起訴処分になったという。

 パトカーは、同署地域課自動車警ら班6人が2人1組で交代で使用。始業点検でブレーキやエンジンなどを確認するが、車内を調べる規定はないという。田原康弘副署長は「パトカーに乗せる前に所持品検査をしたが、結果的に見つけられなかった。今後、検査について指導を徹底したい」と話している。【上野宏人】

【関連ニュース
大麻所持容疑:中3女子を逮捕、「同級生にもらう」 兵庫
マレーシア:覚せい剤持ち込みで起訴の邦人女性被告初公判
覚せい剤:使用罪の赤坂被告に懲役1年6月 千葉地裁判決
大麻所持容疑:大阪府立高教頭逮捕、学校も捜索 奈良県警
JAYWALK:中村容疑者起訴 覚せい剤事件で東京地検

かわいい孫には大奮発?入園・入学祝いの平均3万8千円也(産経新聞)
<砂川事件判決>日米密談の文書存在 外務省が一転開示(毎日新聞)
参院長野に2人目=県連頭越しで小沢氏決定−民主(時事通信)
“幻の大豆”宇宙ステーションへ(産経新聞)
【キブンの時代】第2部 危険はどこに(1)新型インフル「偏執病」(産経新聞)

【1都4県週刊知事】千葉 森田健作知事 「県庁の巨匠」になれ(産経新聞)

 「私は18歳のときから『青春だ!』と言い続け、ついに“青春の巨匠”と呼ばれるようになった。君たちも大志と情熱をもって“県庁の巨匠”になってみろ!」。新年度が始まった1日、県の辞令交付式で登壇した森田健作知事は、さっそく熱血指導で新職員たちを圧倒した。

 「私が人生で学んだ3つのことを話します」と切り出した知事は「俳優時代、ミヤコ蝶々さんに『芸は教えられるのではなく盗むものだ。でも努力しなければ盗むこともできないよ』といわれた。ダイヤの原石は自分で磨くんだ」とエピソードを交えてまずは1つ。

 「2つ目は人を批判したり悪口を言うとき、自分の成長は止まっているということ。どんなことにも挑戦することが大切だ」と話し、「最後に体と心の健康。つらいと感じることも案外他人からみればたいしたことはない。青春時代のニキビと一緒だよ」と、アドバイスも忘れなかった。

小学教科書検定 算数、理科を文系教員にも優しく(産経新聞)
医師国家試験に7538人合格=合格率89.2%−厚労省(時事通信)
【同盟弱体化】第2部 普天間問題(中)すれ違う狙い 普天間5分(産経新聞)
秘書仲間から疑問も 勝場被告、20年来の「金庫番」(産経新聞)
「龍馬」ブーム異常盛り上がり SB孫社長だけでない「入れ込み」(J-CASTニュース)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。